+CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+THANKS
素材お借りしました。
<< 子育て支援講座に行ってきました。 | main | 関連書籍 売ってます! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
らく相談室
らく相談室をご存知ですか?

<関連ページアドレス>
☆リンクに貼りました。
場所:京都市北区北野紅梅町85

<交通アクセスについて>
☆公共交通機関では、JR「円町」下車。北行き市バス15,50,51,55,204,205,202.特51番「北野白梅町」下車。西大路通り北へ向かって100mほど行くと角に大きなビデオショップがあります。それを左に入って路地を入っていくと左手に4階建てぐらいのマンション(黄色っぽい建物)があります。そこの1階です。

☆お車の場合では、西大路五条交差点から西大路を北向きに上がってきて、円町のJRの橋げたを越え、西大路円町交差点を越えてさらに北へ。北野白梅町交差点(左田和にイズミヤと京福電鉄「北野白梅町駅」がある)を越えて150mほど行くと左手の角に大きなビデオショップが見えてきます。それを左に入ってきてください。
駐車場はだいたい5台ぐらい止められます。いっぱいでもしばらく待っていれば入れ替わりで帰っていかれるので、すぐに空くと思います。


<受診の状況>
完全予約制です。まずはお電話でご相談ください。
開室時間は平日の午前9時から午後6時まで。土日祝日、夜間についてもご相談に応じます。
電話番号:075-465-4130 FAX:075-465-4151

<パンフレットから>
<いつでもお気軽に>
「子どものことばのこと、相談したいんですが・・・」
「発達が遅れているようで・・・」
「どこにも相談できずにいるんです・・・」
電話の向こうから、いろんな相談が聞こえてきます。
「どうぞ、お気軽におこしください。」
私たちの返事です。
そう、時間(土・日曜、夜間)、障害の種類、大人か子供かなどという「所属」−こんな枠にとらわれず、相談したいと思っている人に合わせた相談室、それが「らく相談室」です。

<こんなことしています>
☆子どもさんの発達や成長についての心配、あらゆる子育ての悩みについて相談をお受けします。
☆発達の遅れやかたよりがある場合は、発達段階の把握、課題に応じたかかわり方など、発達相談や療育を行います。
☆また、言葉の発達が遅い、発音が気になるなど、ことばに問題があれば言語訓練をいたします。
☆さらに、青年期以降に達した方のコミュニケーション全般の問題について、生活支援などの相談・指導も行います。
☆なお、相談内容によっては、より適切な専門機関への紹介もしています。
☆対象は、赤ちゃんからおとしよりまで、ご本人、ご家族、また指導にあたられている先生からの相談もお受けします。
☆また、保護者や指導者の方を対象にした研修会や学習会を開いています。

ご一緒に考えながら、よりよい方向を見つけ出していきましょう。相談内容の秘密は厳守します。まずは、お気軽にご相談ください。

相談・指導内容:
☆発達相談 ☆子育て相談 ☆スピーチセラピー ☆音楽療法 ☆コミュニケーションに関する相談・生活支援 ☆保護者教室 ☆指導者研修

指導形態:
☆個別およびグループ指導(訪問指導も可)

開室時間:
☆原則として平日の午前9時から午後6時まで
☆土・日曜、祝日、夜間についても相談に応じます。

手続き:
☆予約制ですので、あらかじめ電話にて申し込みをしてください。

料金相談:
2005年現在の料金です。
☆初回面接:3000円 ☆指導(月謝制)月4回10000円、3回7500円、2回5000円、1回3000円、訪問指導1回 5000円+交通費(遠隔地の場合は相談させてください。)

指導時間:
☆45分から60分程度

その他の事業:
☆マカトンクラブ ☆子ども遊び教室 ☆ワーキングママクラブ(働きながら障害児を育てているお母さんたちのグループ)
事業についての詳しい内容や日程は、相談室までお問い合わせください。

スタッフ:
山崎祥子(やまざきさちこ) 臨床言語士
池添 素(いけぞえもと)  保母、音楽療法
新田公代(にったきみよ)  発達相談員

<受診してみて>
うちの息子が4歳から6歳までお世話になりました。
言語訓練には通っていたので、主に遊びを通じてのやりとりや療育面でお願いすることになりました。療育教室の口コミで知って、個別で診ていただける機関でお母さんの相談もいろいろのっていただけることを聞いて早速電話してみました。本当に「まずは相談にお越しください。」とおっしゃってくださったので、早速息子を連れて訪ねていきました。
訪ねた当時、息子は本当にまだ多動がひどい時で、言葉もほとんどなかったのですが、走り回っても飽きないぐらい広い広い部屋に大喜びで、初めての面談の最中ずっと走り回ってはしゃいでいました。
この広い部屋があるだけでも私は気に入ってしまいました^^ここで1対1で先生と療育を受けて、のびのびした表情で時間を過ごせるだけでも十分意義があると思いました。
先生との療育の間、私は外で待っていたのですが、息子はだんだん落ち着いてきて先生とやる課題にも向き合うようになってきました。
課題に向き合えるようになってからは、個別に対応できてもっと落ち着ける個室での取り組みが始まりました。パズルをやったり、絵を描いたり、言葉のカードを使ったり、紐とおしをしたり、手先を使った細かい作業などもさせていただきました。
だいたい1時間近くやっていたのですが、本当に集中してできるようになってきました。

毎回時間の後には短い面談を行って、日ごろの様子などもお伝えしたり、新しい取り組みや療育教室の様子、園での様子などをお話していました。
その中で先生からのアドバイスなども受けることができ、家でも実践をしてみたりしました。何か様子が変わったことがあれば、気軽にお電話で聞くこともでき、先生とつながりができたこともよかったと思います。

息子が通っていた当時は、まだ今のように「軽度発達障害」というものが取り上げられていない時期だったので、相談も今ほどではなかったかもしれません。今はもっと取り上げられてきているので、どこの医療・相談機関もいっぱいの状況なので、すぐに相談を受けることができるかどうかについては、すぐに問い合わせてみることをおすすめします。

個別に対応していただけて、子どもだけでなく大人の方やご家族の方からも相談を受けてくださるのがとてもありがたいです。気軽に相談できる機関としてはなかなかない機関だと思います。

さらにここでは言語療法士の先生がおられて、言語療法を専門に行っておられます。
幼稚園や保育園などの出張研修の講師などにも招かれておられて、指導なども行っておられます。先生の書かれたお話が下のアドレスで読むことができます。
http://homepage2.nifty.com/makaton-japan/rakusoudansitukara.htm
リンクに貼ってあります。

お子さんのことで何か気になることや、毎日見ていて感じることがあればまずは相談することが一番です。一人で抱え込んで悩まないで、お気軽にぜひ一度ご相談されることをおすすめします。
| 医療機関・相談機関 | 23:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:48 | - | - |
はじめまして、今晩は。こちらは、東京都町田市にあります、NPO法人町田市学童保育クラブの会と申します。現在、町田市の12クラブを運営しております。
毎年、学童に関わる全ての人を対象とした町田学童保育交流研究会(一昨年までは町田市指導員学校)、午前は全大会、午後は分科会を企画・開催しています。ぜひ、次回の全体会の講師に池添先生をお招きして、子育てに関するご講演をしていただけないかと、お電話でお願いする前に、まずはメールにてご連絡させていただきました。お電話で、ご相談させていただいてもよろしいでしょうか。
お返事いただけると幸いです。

| 鈴木 小夜子 | 2012/07/09 8:48 PM |
鈴木様
メールありがとうございます。
せっかくメールをいただいたのですが、こちらはらく相談室のブログではありませんので、誠に申し訳ございませんが、池添先生へのご依頼は直接お電話の方でなさっていただくようお願い申し上げます。
| ひだまりまねきねこ | 2012/07/11 12:03 AM |









http://hidamari-blog.jugem.jp/trackback/38